魔女の花図鑑

アクセスカウンタ

zoom RSS 早春の木花 ウメ(梅)とメジロの花より団子

<<   作成日時 : 2013/03/25 12:43   >>

ナイス ブログ気持玉 93 / トラックバック 0 / コメント 0




                ウメ  梅



                  
       P r u n u s   m u m e





お花見をしているメジロさん

画像





やっぱりがまんできない


いただきます〜

画像





日本人、東洋人の心の花



日本人にとって、早春の息吹と梅の花は、

切っても切れないものになっているのではないだろうか


風はまだ冷たく、しかしようやく和やかさ取り戻した陽射しの中に、

そこはかとなく梅の香りがただようとき、

何か素朴・清新な感動にうたれた人も多いに違いない


正月になると梅の鉢を飾り、また生花にするなどして

春の季節感を味わうのが、我々日本人である


これは春を待つ気持ちの表れであり、

また春ほど待たれる季節は無いのである




 



ここでもメジロがお花見中です


画像




やっぱりね。。


いただきます

画像







しかし早くから日本に渡来し、そして人々に愛されていたらしく

万葉葉集にも梅の歌は104首、桜の38首よりも圧倒的に多く載せられている


当時花と言えば梅の花のことだったとさえ言う







画像









      梅一輪  

         一りんほどの  あたたかさ
 


                                 嵐 雪



画像




<万葉集と梅と新古今集の桜>


その万葉集のウメの歌の一つ



<万葉集>

ももしきの 大宮人は いとまあれや 

         梅をかざして ここにつどへる
 

                               (山部赤人)



待ちかねた春の訪れに意気揚々と、野遊びに集まった大宮人たちの

清新な喜びを歌ったこの歌に対し

同じ赤人でも新古今集



<新古今集>

ももしきの 大宮人は いとまあれや 

      桜かざして けふもくらしつ

                                  
                            (山部赤人)




になると、春たけなわの、昨日も今日も、

微妙な倦怠感の中に過ごす歌に変質している



ウメとサクラに対する日本人の感じ方の相違さえ

ここに現われているといえるだろう


        



画像





<梅を日本の国花に。。>



昭和の初期、サクラとウメのどちらを日本の国花にするかが争そわれたことがあり

ウメ派の人々はサクラを春爛漫の浮華軽佻の木とし

ウメこそ寒風に立ち向かう忍耐と覇気があり高潔な美しさがあると主張したと言う


全面的にどうかはともかくとして、日本人の心の中には、

このウメ派の主張にどこか共感するものがあることは確かでだろう





画像




<天神さまとウメのお話>

ウメにまつわる伝説も多い。

中でも菅原道真と飛梅(とびうめ)に関するお話は有名であり、人々に親しまれている

 
   
  東風吹かば  匂ひおこせよ  梅の花

              あるじなしとて  春な忘れそ





画像
(湯島天神)



左大臣 藤原時平によって901年(昌泰4年)1月25日、

九州大宰府に流されることになった道真が、

日頃から愛賞していた庭の梅にこの惜別の歌を詠み、

のちその梅の片枝が主を慕って遥々九州まで飛び、

大宰府天満宮の庭の(飛梅)になったという伝説だが

これが道真を祭神とする天神信仰とともに世の中に広まり、

人々の心を打って、今日も各所の天満宮には多くのウメの木が植えられ、

天神様の神紋も梅鉢が使われるようになっている

         



画像



さらに江戸時代には寺子屋教育の発展に伴い、

道真の命日である毎月25日にはどの寺子屋でも天神様の祭礼を行い、

ウメの季節の当日には必ず供物としてその一枝を献じたとか

この飛梅の話がここまで人々の心に沁みこんだのも

右大臣という最高の地位から一挙失意のどん底に沈んだ

一人の天才の呼びかけにこたえうる優しさを、

日本人がウメの中に見出していたからこそともいえる

そしてこの高潔なウメのイメージが道真の人柄とも重なり、

この花によって菅公の人徳をしのび、心の鑑とするまでになったのである





  

 飛び梅のお話はのばらさんの記事をどうぞ



画像



<花も実もある>

このようにウメは古来から花木として人々に愛されたが、

戦国時代から江戸に時代にかけ、梅の実が糧食として重要されるようになり、

次第に諸国・各藩でウメの木を植えることが奨励されるようになった



中でも熱心だったのは水戸藩で、藩主・徳川斉昭などは、

特に藩校脇にウメを奨励する文章を刻んだ碑を建てて、藩内の家々にウメを植えさせた


その見本のようなものが斉昭の創設した偕楽園でここは今日も有名な観梅の名所として知られている




水戸偕楽園のお話はこちら山形のママンさんの記事でどうぞ


  

画像
(薬師池)


<塩梅(あんばい)とは>

水戸だけではない

エウメの実が人々に不可欠になっていたことは塩梅という言葉一つをとっても解る


塩梅とは料理の味加減のことである


これはもともと塩と梅酢で料理に味をつけることから出た言葉で

さらに梅干となると、日本人の食事には欠くべからずものとなる


アルカリ食品として健康に役立つことはご存知のとおり

ともあれ、ウメを愛好し、栽培するのは日本を始め、中国、朝鮮に限られ、

どういうわけか、サクラのように欧米人に愛され、世界に普及するということは少ない


やはり、ウメは東洋的な心にだけマッチした花ということなのだろうか。


以上講談社 日本園芸百花事典より抜粋させていただきました(魔女の愛読書です)





 枝垂れ梅

川沿いに咲くシダレウメ

誰が植えたのだろう

とっても元気のいいシダレウメでした

画像
画像


画像
画像



                
             


        花言葉  忠実、高潔、上品、忍耐、独立

                                             



画像
(鎌倉・東慶寺)


  


  ウメ

  別名:ムメ、ニオイグサほか

  植物分類:バラ科サクラ属ウメ亜属

  園芸分類:落葉中木 花木
 
  原産地:中国


  



画像
(町田・薬師池)



  あとがき 


あっという間に桜色の空
各地のお花見どころがにぎわっている今日この頃

梅は花を落とし、美味しい梅の実をつけようと
準備にいそしんでいるようです

寒さの残る2月
桜の華やかな大きな木と違い小さく、
太い木からかわいらしいお花を咲かせている梅

道真と飛び梅のお話、水戸偕楽園の梅
魔女の愛読書の日本園芸図鑑の梅のお話から
梅は実に日本人の心の花であることがよくわかります

うかうかしていたら月日だけが進み
魔女のお花図鑑も季節に追い越されてしまいました


うららかな桜色の空

小さなお花たちの絨毯

春の香り

のんびり、ゆっくり 歩こう


 カメラをもった魔女    開業中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 93
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
早春の木花 ウメ(梅)とメジロの花より団子 魔女の花図鑑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる